源泉徴収される業務委託は将来性も悪くない

業務委託契約の中には、源泉徴収義務が発生するものも多いです。特にIT業界には、そうした仕事がたくさんあります。たとえば、プログラマーもそうですし、WEBデザイナーの仕事もそうです。これらの仕事を受けるときには、相手側が勝手に税金分を引いておいてくれます。基本的には10%が引かれますが、値段が高いときには20%になります。自分で確定申告をしなくても、自動的に税金が払えるのは便利なことです。これはなぜこうした制度ができているかと言えば、単純に税金の徴収ミスがないようにという狙いがあるからです。個人に依頼をする仕事のなかには、税金の申告がないものも多く、そうした危険性が高いものに源泉徴収義務をつけて、最初から自動的に税金が支払われるようにシステムが作られているわけです。人数が多い仕事や、頻繁に依頼をすることとなる仕事などは、徴収義務が設定されていることが多いです。つまり、それだけ需要が高くて割と儲かる仕事であるともいえます。将来性が高いからこそ、法律で自動的に税金が支払われるようになっているわけです。IT業界の仕事の多くが、徴収義務があると法律で決められています。これはやはり、IT業界そのものが非常に高い将来性を持っていることの証拠でしょう。確かに、プログラマーやWEBデザイナーの仕事は、今後数十年なくなることはないと考えられています。むしろこれからさらに需要が高まり、待遇も改善されていくと期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15